甘酒はお酒になるのか?

甘酒はお酒?それともソフトドリンク?飲酒運転に注意

甘酒はお酒なの?それともソフトドリンクなの?

甘酒はアルコール?

甘酒というと、多少お酒臭いものを思い浮かべる人とそうでない人がいます。これはなじみのある甘酒には個人差があるからです。

 

酒粕からつくる甘酒に慣れている人は、お酒臭いと感じますし、米麹からつくられるものに慣れている人はそうは感じません。

 

酒粕は、日本酒をしぼった後のカスですので、アルコール分をふくんでいるのに対し、米麹の甘酒のほうには、アルコール分は一切入っていません。

 

それでは酒粕からつくられる甘酒はお酒なのかというと、そういう場合もありますので、お子さん、妊婦さん、運転前など、人や飲むときの状況によっては注意が必要です。

 

甘酒に種類があるということを初めて知ったという人はこちらの記事も参考にしてみてください。
⇒【意外と知らない甘酒の種類 | 各々効果も違うから要チェック!

 

 

酒粕に含まれるアルコール分はどれくらい?

 

酒粕と酒粕からつくる甘酒に含まれるアルコールはこのようになります。

アルコール濃度

固形の酒粕

8%程度

酒粕から作った甘酒

1%程度

 

酒粕のかたまりは、大体8%ほどのアルコール分を含んでいますが、それを家庭で甘酒にするために飲みやすい程度に水で薄めると、約1%前後のアルコール濃度になることが多いようです。

 

ただ、市販の酒粕入り甘酒の場合は、アルコール濃度が1%未満になるように調整されています。

 

 

アルコール分が入っていればお酒になる?

アルコール分

 

どのような飲み物を「お酒」と分類するかご存知でしょうか?私ははっきりとは認識していなかったのですが、酒税法ではアルコール分を1%以上含んでいるものを「お酒」としているのだそうです。

 

つまり、アルコールが1%未満しか入っていなければ、お酒にはならないということです。

 

市販の酒粕入り甘酒がアルコール濃度を調整しているのもお酒にならないためなんですね。ちなみに、甘酒はお酒ではなく「清涼飲料水」という分類になります。

 

ですので、お子さんなどが飲んでも問題ない飲み物ということになります。

 

これは売られているものに関しての話ですが、自分で作る場合には少々事情が変わってきます。

 

自分で作る場合は、薄め方がお好みになりますので、場合によってはアルコールが1%以上になっている場合がありますのでご注意ください。

 

 

酒粕の甘酒を飲むときに注意が必要な人

甘酒はアルコールに注意

アルコールに対しては、人それぞれ強い、弱いがありますので、たとえ市販の1%未満の甘酒でも、弱い人にとっては、体に残る可能性があります。特に運転前などは飲まないようにした方が安全です。

 

また、自家製の酒粕を使った甘酒の場合は、飲酒運転になる可能性がありますので運転直前は飲まないようにしてください。

 

たかが甘酒とあなどってはいけません。呼気中にアルコール濃度が0.15 mg以上含まれていれば、即酒気帯び運転で捕まります。

 

ちなみに、

参考までに、呼気中アルコール濃度0.15 mgというのは2時間の会合で、はじめのビールを一杯飲んで、それからは何も飲まない状態程度と思ってください。

 

それから、自家製の場合は、お子さん、妊婦さん、授乳中のママなども飲まないようにした方が良いでしょう。

 

これはあくまでアルコールを含む酒粕の甘酒に限ったお話です。米こうじの甘酒なら一切問題ありませんので、運転前、子供さん、妊婦さんなども、飲むなら米こうじの甘酒を飲んだ方が安全です。

 

 

アマゾン、楽天では買えない完全お取り寄せ米こうじ甘酒
まずは、プレーンの「さらっと飲みやすい糀の甘酒」からがおすすめ。
3本購入で送料無料になります!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

関連ページ

甘酒には種類がある!
甘酒好きでなければ、甘酒に種類があるということを知らないのではないでしょうか?何となく気づいている人も違いが曖昧だったりしますよね。 原料や製法の違いで、できる甘酒の栄養素が変わり、効果も変わってきますので、たった2種類の違いを覚えておくとよいのではないでしょうか?
甘酒の適切な飲みわけ方
甘酒には、酒粕と米麹の2種類があります。原料も製法も違って、各々性質に違いがありますので、含まれる栄養素にも違いが見られます。どんな効果を求めるかによって、選ぶべき甘酒は変わってきますので、正しく飲み分ける方法をこちらではお伝えしようと思います。
「飲む点滴」は誤解かも!?
甘酒はよく「飲む点滴」なんて言われ方をしますが、「それってどういう意味?」と疑問に思う人。栄養豊富という意味なんでしょうか?「でも、それって本当なの?」と思いませんか。そもそも点滴の中身は何が入っているんでしょうか?そんな疑問にお答えしていきます。
「甘酒は太る」ってホント?
甘酒と言えば、香りが特徴ですが、同時に「甘ったるい」という印象を持っていませんか?甘酒は比較的低カロリーでダイエット効果があると言われますが、実は飲み方によっては、逆に太ってしまうというのをご存知でしょうか? ダイエットに使うなら必ず知っておいた方がいい扱い方をご紹介します。
甘酒を間食代わりに使ってダイエット
悪いとわかっていても、なかなか止められない間食。我慢してストレスになるくらいなら、お菓子の代わりに甘酒に置き換える方法が有効です。甘酒は、低カロリーで腹持ちがよく、しかも健康に良い栄養がたくさん含まれていて、ダイエット効果まであると言われています。
甘酒は温めすぎると効果がなくなるってホント?
甘酒は手軽に飲める健康食というイメージがありますが、意外とデリケートな飲み物なんです。作るときの温度の影響を受けやすく、効果が半減するということもあります。それもこれも甘酒が生きているからこそですが、いったい何度なら大丈夫なのか?温度管理に注意して作る必要があります。
甘酒にも含まれるコウジ酸とは?
コウジ酸とは、医薬部外品の有効成分として厚生労働省から認められた効果の確かな成分です。そんな頼もしい成分が、なんと甘酒には含まれています。今では国内外を問わず薬用化粧品に配合されているコウジ酸と麹、麹菌について。それからコウジ酸の副作用までを解説します。