正しく飲んで効果的にダイエット!

「甘酒は太る」ってホント?そのカロリーは意外にも...

甘酒は太るからダイエット食品には向いてない?

甘酒で太る

甘酒と言えば、その名の通り「甘い」。しかも結構甘いですよね。

 

甘酒がダイエットに効果的と聞いても「こんなに甘い甘酒でダイエットってできるの?」と思うのではないでしょうか?

 

また、ダイエットまで行かなくても、健康にいいと聞いて甘酒に興味がある人でも「太るのはちょっと...」と思いますよね。

 

しかし、甘酒をダイエットに使う場合の注意点と正しい甘酒ダイエットの方法を知っておけば、そんな心配をすることなく安心して甘酒を飲めるようになるでしょう。

 

 

甘酒のカロリーはこんな感じ

 

甘酒の材料によるカロリーの違い

原材料

酒かす

米こうじ

カロリー(100g当たり)

227kcal

286kcal


これは原材料(固形)のカロリーですので、これを水を加えて甘酒にすると、どちらも100ml当たり約81kcalほどになります。

 

米麹甘酒にはもともと十分な甘みがあるのに対し、酒粕には甘味がないためお砂糖で甘味をつける必要があります。そうすると、原材料の状態では、酒粕の方がカロリーが低いですが、砂糖の量によっては81kcalを超えます。

 

例えば、100mlでは量が少ないと思いますので、甘酒を1回に200ml飲むとすると、約162kcalということになります。ちなみに、目安として、ご飯1杯(140g)では、約235kcalと言われています。また、バナナであればサイズにもよりますが、一般的なサイズで1本当り100kcalちょっと位になります。

 

このように甘酒は、カロリー控えめな食材ではありますが、極端に低いわけではないことがわかります。

 

 

甘酒をたくさん飲めば当然太る

甘酒を飲みすぎる

当然ですが、甘酒は水やお茶のようにがぶがぶ飲んでいれば、0カロリーではありませんので、総カロリーが高くなり太ってしまう可能性が高いです。

 

ダイエットやカロリーを調整するときに考えなければならないのは、1日に自分が必要な適正カロリーをしっかりと把握しておくことです。

 

よく成人の適正カロリーは○○kcalというのを聞くと思いますが、あれは非常にざっくりとした指標ですので、本来は自分の体型、年齢、生活を考慮に入れてできるだけ正確に把握しなければなりません。

 

⇒【基礎代謝量、1日の適正カロリーなどの計算ツール

 

↑こちらのサイトは、簡単に数値を入力するだけで、適正カロリーなどがわかるようになっています。ご自分の現在の体重を入力するか、目標とする体重を入力すると、1日に必要なカロリーがわかります。

 

 

 

どうして甘酒ダイエットが痩せると言われるの?

甘酒でダイエット

 

甘酒が特別カロリーの低い食材でないとすると、どうして「甘酒ダイエット」などというものがあるのでしょうか?

 

その理由は、下で紹介するような甘酒ダイエットの方法に最も大きな理由があります。

 

それにプラスして、甘酒には、酵素や酵素を助ける補酵素、アミノ酸、乳酸菌などが豊富に含まれており、基礎代謝を上げて痩せやすい体をつくれるからなんです。

 

⇒【どうして甘酒にダイエット効果があるの?

 

 

一般的な甘酒ダイエットの方法とは?

 

甘酒ダイエットの方法は、主に置き換えダイエットというものです。1日のうちの1食を甘酒に置き換える方法です。

 

たとえば、1食を200mlの甘酒にかえた場合、162kcalほどになりますので、置き換えることに成功すれば、1日の摂取カロリーを抑えることができるというわけです。

 

一時、バナナダイエットというものがはやりましたが、それとやり方は同じです。バナナは栄養豊富な食材で、完全食ともいわれていますので、ダイエット中でも栄養状態が偏ることなくできるという利点がありました。ちなみに、バナナ1本当りのカロリーは100kcal程度です。

 

甘酒がバナナより栄養面で優れている点は、先程あげたように、酵素や乳酸菌などが豊富に含まれていて、痩せやすい体質に改善してくれる点です。

 

甘酒をダイエット目的で飲む場合は、朝がいいと言われています。1日のはじまりに飲むと代謝が上がるので、甘酒を効果的に使えるためです。

 

また、甘酒の種類にも注意です。ダイエットの時に飲むなら、米こうじからつくったものを飲んだ方がより効果的です。しかも、できるだけ手作りで作ったものが好ましいです。

 

甘酒に含まれる大切な酵素は、高温にさらされると効果がなくなってしまう性質があります。市販の米こうじ甘酒は、品質を安定させるために、高温殺菌を必ず行っていますので、酵素の働きは期待できません。(ただ、すべての効果が無効になるというわけではありません。)

 

できたら、甘酒のいいところを余すところなく摂取したいですので、手作りしてきちんと温度管理をしたものの方がおススメです。

 

 

「甘酒が太る」というウワサをまとめると

 

甘酒は、甘さの割には低カロリーの食材で腹持ちもよく、栄養豊富なので置き換えダイエットの食材として利用するなら効果的です。

 

ただ、たくさん飲めばより効果的かというと、逆効果になります。

 

1日200ml程度を朝食に置き換えて飲むと効果が出やすいですので、甘酒ダイエットの仕組みである1日の総摂取カロリーを抑えるということを意識してのぞんでください。

 

 

カロリーが気にならない「甘酒のサプリメント」という方法

あまざけ美人酵素

 

生の甘酒をダイエットに利用すると、痩せることが期待できるほかにも、体の中から痩せやすい体質にできるという利点がありますが、カロリーの調整やつくる手間などが大変だというデメリットもあります。

 

主婦の方であれば、問題ないかもしれませんが、働いて、子育てもして、というような忙しい人には、ちょっとハードルが高く続かなかったりします。

 

そんな人には、甘酒のおいしい効果の部分だけを摂取できるサプリメントがおススメです。サプリならカロリーを気にすることなく、手軽に摂ることができて便利です。

 

⇒甘酒の効果をギュっと凝縮したサプリ【あまざけ美人酵素公式サイト

 

ですが、、、

 

あまざけ美人酵素では、甘酒と同様の効果を効率よく摂取できるだけです。それだけでも十分価値がありますが、

 

甘酒のように麹(こうじ)の恩恵を思いっきり摂取でき、もっと欲張りで、もっと優秀なサプリを最近見つけました!

矢印3

ベルタこうじ生酵素

 

ベルタこうじ生酵素なら、甘酒を飲むことで得られる良い効果の大部分を担っている「こうじ菌」がたくさん入っているだけでなく、乳酸菌や豊富な野菜やフルーツ、さらにスーパーフードの数々がみんな一つのサプリに配合されていて、とってもお得です。

 

そのすごい成分と効果、試した後のあなたの姿を一度確認してみてください!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ベルタこうじ生酵素

 

関連ページ

甘酒には種類がある!
甘酒好きでなければ、甘酒に種類があるということを知らないのではないでしょうか?何となく気づいている人も違いが曖昧だったりしますよね。 原料や製法の違いで、できる甘酒の栄養素が変わり、効果も変わってきますので、たった2種類の違いを覚えておくとよいのではないでしょうか?
甘酒の適切な飲みわけ方
甘酒には、酒粕と米麹の2種類があります。原料も製法も違って、各々性質に違いがありますので、含まれる栄養素にも違いが見られます。どんな効果を求めるかによって、選ぶべき甘酒は変わってきますので、正しく飲み分ける方法をこちらではお伝えしようと思います。
「飲む点滴」は誤解かも!?
甘酒はよく「飲む点滴」なんて言われ方をしますが、「それってどういう意味?」と疑問に思う人。栄養豊富という意味なんでしょうか?「でも、それって本当なの?」と思いませんか。そもそも点滴の中身は何が入っているんでしょうか?そんな疑問にお答えしていきます。
甘酒を間食代わりに使ってダイエット
悪いとわかっていても、なかなか止められない間食。我慢してストレスになるくらいなら、お菓子の代わりに甘酒に置き換える方法が有効です。甘酒は、低カロリーで腹持ちがよく、しかも健康に良い栄養がたくさん含まれていて、ダイエット効果まであると言われています。
甘酒はお酒?それともソフトドリンク?
酒粕には8%のアルコール分が含まれており、酒粕からつくる甘酒にもしっかりとそれが入っています。市販のものは、濃度調節がされていますが、家庭で手作りする場合はアルコール濃度が高い場合がありますので、運転前やお子さん、妊婦さんは特に注意が必要なことがあります。
甘酒は温めすぎると効果がなくなるってホント?
甘酒は手軽に飲める健康食というイメージがありますが、意外とデリケートな飲み物なんです。作るときの温度の影響を受けやすく、効果が半減するということもあります。それもこれも甘酒が生きているからこそですが、いったい何度なら大丈夫なのか?温度管理に注意して作る必要があります。
甘酒にも含まれるコウジ酸とは?
コウジ酸とは、医薬部外品の有効成分として厚生労働省から認められた効果の確かな成分です。そんな頼もしい成分が、なんと甘酒には含まれています。今では国内外を問わず薬用化粧品に配合されているコウジ酸と麹、麹菌について。それからコウジ酸の副作用までを解説します。